HOME > MESSAGE

2年生のみなさん

いっしょに研究しましょう

A類情報教育選修,E類情報教育コースの2年生のみなさん,加藤研究室で卒業研究をしましょう.ペン入力やタッチ入力を活かすツールやシステムの開発研究を通して,人とコンピュータの関係を学びます.とりあえずは下のリンクをクリックして,説明を読んでください.

企業のみなさま

いっしょに研究しませんか

Pen-based ComputingとICTを活用する教育環境に関する共同研究,大・大・大歓迎ですw 
学芸大といえば教員養成ですが,自分の専門は情報工学です.そちらの視点の研究についてそれなりには知見がありますので,よろしくお願いいたします.また,学芸大といえば教育なので,教育現場での実践研究も可能です.ただ,その際は,開発(ソフトウェアの改善)を含めた研究にしてください.特に私が使い辛いと思うものを教育現場で使ってもらうことはできませんので.
学芸大における共同研究の仕組みについてはこちらをごらんください.

共同研究実績:RICOH,日立ソリューションズ,日立製作所,光村図書出版,大日本図書,CA Tech Kids,アーテック

高校生のみなさん

学芸大で学んでみませんか

これから大学進学を目指している高校生の皆さん,学芸大で情報教育を学んでみませんか.
教員養成系の大学はたくさんあります.その中で学芸大は最大規模の大学です.大きすぎという見方もできますが,様々な先生がいますので,あらゆることが学べるチャンスがあるということでもあります.また,小学校の先生の免許を取れる大学で,情報について専門で学べる学科は日本でも学芸大と大阪教育大にしかありません.これからの小学校の先生はICT活用や情報教育が求められています.そのリーダー的存在の先生を育てているのがA類情報教育選修です.また,27年度に,これまでのJ類情報教育専攻がE類情報教育コースに生まれ変わりました.これまで通りの高校情報の教員育成に加え,様々な教育現場を支援する情報関連技術者を育成していきます.工学部の情報工学科もよいですが,情報工学に加え教育の知識も持った人材は,現在の日本では非常に求められているので,教育学部で学ぶのも一つの道だと思います.
大学の情報はこちらをごらんください.

他大学の学部4年生のみなさん

大学院は加藤研究室で研究してみませんか

これから大学院進学を考えている学部4年生の皆さん,大学院は加藤研究室で研究してみませんか.
学芸大では31年度に大学院改組が行われる予定です.現在,高校情報科教育と小中高の教科横断的に行う教育の情報化を極める教職大学院,及び次世代(AI時代)の教育を研究する修士課程,教育協働支援人材を育てる修士課程を開設しようと文科省と折衝を行っています.加藤研究室はどの組織へも所属が可能ですので,一緒に研究しましょう.